>>お問い合わせ  

3.得する賃貸物件探し

不動産を賃貸する事が決まったら、知っておくと役に立つ情報をまとめてみたいと思います。
まず不動産屋と言っても会社の規模だけでなく、その不動産屋の扱っている物件によって大きな違いがあることはご存知ですか。ひとつはターミナル型と呼ばれる不動産屋です。沢山支店がある不動産屋といえばおわかりでしょう。とにかくどこかで一人暮らしを始めたい、上京して右も左もわからない状態であったならこのターミナル型の規模の大きな不動産屋を最初に訪れる事をお薦めします。なぜなら、様々な地域の不動産物件を取り扱っているからです。
もうひとつは地域密着型の不動産屋です。その名の通り地域に密着した営業を行っています。いわゆる町の不動産屋です。暮らしたい地域が決まっているなら、物件の鮮度、詳細、総合的に見てこちらの方が断然お薦め出来ます。

流通物件と言う言葉を聞いたことがありますか。聞いた事がなくても不動産屋巡りをした事がある人ならほぼ間違いなく出会っているはずです。不動産屋を巡ったり、インターネットで物件検索をしたりした時、どう見てもこれは同じ物件ではないだろうかと思った事があるはずです。そう、それは正しく同じ物件なのです。それを流通物件と言います。流通物件であってもオーナーはひとつの不動産屋に対してしか手続きを依頼していません。でも、ひとつの不動産屋だけではいつまでたっても借主が決まらなければオーナーは困ってしまいます。依頼された不動産屋もオーナーから見切りを付けられてしまうかもしれません。そこでこの不動産物件を多くの不動産屋に情報を流して広く目に止まる形にすれば、借主がいち早くみつかる可能性が高くなるのです。オーナーが依頼をしていない不動産屋も流通物件を沢山取り扱う事によって自身が持っている物件情報が増えるのです。総合的に見てそれぞれの会社がメリットとデメリットを分け合う形になるのです。もう少し詳しく説明をすると、直接依頼を受けてない不動産屋がお客さんを案内して契約が決まりました。しかしお客さんが契約を交わすのは、案内をしてくれた不動産屋ではないのです。オーナーが直接依頼した不動産屋なのです。案内をした不動産屋はオーナーが依頼をした不動産屋から手数料が報酬として貰えるのです。
ではこの流通物件、借主にとってどういったメリット、デメリットがあるのでしょうか。
基本的に不動産屋は物件を流通させたくないのです。なぜなら、他社に手数料を支払わなくはならないからです。では何故、物件を流通させるのかと考えると、その物件には借手が中々決まらない理由があったりするからです。総合して言えるのは人気物件ではないと言う事なのです。それは借手にとって聞き捨てならない話ですが、その物件のデメリットが借主にとって必ずしもデメリットであるかどうかはわかりません。借主にとって問題がなければ、それは転じてメリットにもなるのです。それはオーナーは早く借りて欲しいので、家賃の交渉にも応じてくれる可能性が高いのです。

実際、私はこの体験をして賃貸マンションを契約したのです。どういった経緯かお話しますと、近所で前々から狙っている物件がありました。インターネットで見た家賃は予算を2万円もオーバーしており諦めていたのです。しかし空室状態は半年も過ぎ家賃の値下げ交渉も出来るのではないかと思っていた矢先、近所の地元密着型の不動産屋が広告を出しているのに気付き、その不動産屋を訪ねたのです。案内してくれた不動産屋は何故か、この物件をお薦めしません。部屋にも初めて入った様子でした。空室の原因であろうデメリットの全室絨毯張りをお薦めしない理由に挙げたのですが、小さい子どもがいる私達にとって、足音が響かない絨毯張りはむしろメリットが大きい事なのです。そして、別のお薦め物件があると私達を案内しました。家賃は少し安かったけど、私達にとって魅力のない物件、オーナーと一緒にいくらお薦めされても嫌なものには変わりません。前の物件の家賃交渉をしたいと申し出たら、不動産屋は電話を掛け始めました。そしてこれからの交渉と案内は別の不動産屋との話になりますと告げたのです。流通物件の事を知らなかった私達はビックリしたのですが、後日、別の不動産屋ともう一度部屋を見に行き、目につた不具合、洗面台の蛇口交換、そして家賃の2万円の値下げ交渉。驚くほどスムーズに話が進み無事契約となったのです。流通物件のメリット、お判り頂けたでしょうか。

check

Last update:2017/10/25

Copyright (C) 2008 賃貸不動産を学ぶ楽しむ活用する. All Rights Reserved.